弁護士費用とは

弁護士費用とは、弁護士に相談をしたり、事件処理を依頼する際に支払う費用の総称です。
弁護士費用には、法律相談料・着手金・報酬金・手数料・実費・日当・顧問料があります。
弁護士費用について見積書をご希望の方は法律相談の際にお申し付けください。

※いずれも一般的な基準ですので、事案によってご相談させて頂きます。
お支払いについては分割での対応も行っております。

弁護士費用の支払いについて

■着手金、手数料等は、事件の依頼を受ける際にお支払いいただきます。
■報酬金については、事件終了時にお支払いいただきます。
■日当については、日当が発生した際にお支払いいただきます。
■実費については、依頼を受ける際に一定額を預けていただき、
事件終了時に清算いたします。

※弁護士費用については、分割払いをすることができます。

  • ●着手金 10.8万円(税込)~21.6万円(税込)
    • ※事件の難易度によって打合せで決めさせて頂きます。
  • ●報酬金 一般民事事件の報酬金に準じます。

  • ●訴訟事件 着手金 16.2万円(税込)~
    • ※事件の難易度によって打合せで決めさせて頂きます。
  • ●労働審判事件 着手金 16.2万円(税込)~
  • ■報酬金(税抜き)
経済的利益の額 報酬金
~300万円 16%
300万円~3,000万円 10%+18万円
3,000万円~3億円 6%+138万円

  • ●任意整理 1社3.24万円(税込)
  • ●民事再生 21.6万円(税込)~
    • ※法テラスの基準を満たす方は、法テラスによる立替制度も利用出来ます。
  • ●破産・免責申立 21.6万円(税込)~
    • ※法テラスの基準を満たす方は、法テラスによる立替制度も利用出来ます。
    • 法テラス http://www.houterasu.or.jp

  • ●相続
    • 遺言書作成手数料 10.8万円(税込)~
    • 遺産分割協議書作成 5.4万円(税込)~
    • 遺産分割調停 21.6万円(税込)~
  • ●後見人
    • 後見申立 16.2万円(税込)~

  • ●離婚調停 16.2万円(税込)~
  • ●離婚訴訟 21.6万円(税込)~
    • ※調停から引き続き担当する場合は減額させて頂きます。

  • ●1ヶ月 2.16万円(税込)〜
    • ※会社の規模等によってご相談させて頂きます。